実は、そんなものはない。あるとすればただひとつ。
ゆっくり走る。それだけ。補足として、無理なら歩く(笑)

雪が10センチも積もっている日陰の曲がり角を
いつもどおりに走る人が、なんと多いことか。
自転車でもコケるところなら、自転車よりゆっくり走らなければ。
両足で踏ん張って車買取、いわゆる「4輪走行」くらいのズルも必要。

コケる→修理にカネがかかる→ビンボーが待っている

この恐怖を10代から味わい続けているバイクコゾーはたぶん、
雪の日はプライドを捨てて安全を取っているはずだ。私のように。
ちなみにこの日は2回ほどバイクを押して歩いていた。

「押して歩いたりするんだ。」
「はい。コケなくていいっすよ。」
「うーん、普通にバスで来るとかは考えないの?」

あっ!