自分も車買取はこの本で

西加奈子著「サラバ」を読み終えた。
文庫化されて上・中・下による三冊。
一気読みに近いほどの面白さであった。本屋大賞二位は伊達ではなく、ハケンアニメが三位になったのも納得と読み終え思う素直な気持であった。とくに最終章の主人公の姉の言葉「あなたの信じるものを、誰かに決めさせてはいけないは。」は素直に心に響いた。この言葉はTOKIOの宙船でも近い言葉がある、自分のオールを他人に任せるなということ。自分も車買取はこの本を読み青天の霹靂という感じとなった。西加奈子さんの小説はこの三冊を含めて十冊以上を読破した。好きな作家の定義である十冊というラインを超えた。このサラバについてはまた感想を書きたいと思う。二度読みしたくなる本であったという素直な感想。本当に読みたいと思う本は人生において何度もあるのだなと、つい最近に二度目を読み終えた砂漠同様に僕の読書の秋は続くのであった。

SNSでもご購読できます。